GAMMA WALL BLOG

2018/01/05

指皮(ゆびかわ)のメンテナンスって?

指皮(ゆびかわ)のメンテナンスって?

指皮は登れば登るほどメンテナンスが重要。

クライミングは、登らないと上達しないスポーツ。
回数が多い人の場合、週5回以上の登りこみを行う人もいる。しかし、登れば登るほどメンテナンスが必要になってくるのが指皮(ゆびかわ)。
素手にチョークを付けてホールドを掴み、登るというスタイルの特性上避けられない問題が「指皮の減り」と「乾燥」。
特に冬がハイシーズンとなる外岩でのクライミングは指皮の消耗も激しく、指皮問題は重要。
ジムスタッフとして毎日の様に登り、休みの日は外岩というライフスタイルを送る僕が行っているメンテナンスをご紹介!

誰もがクライミングを続けていくと経験する指皮に関する2つの問題。

(1)「厚くなった皮がペリッ!と裂けた・・・」
冬場に多いのがこれ。登りこみの末、厚くなった指皮が乾燥し、第一関節や指腹でペリッ! と裂ける痛いやつ。

(2)「外岩、ジムでザラザラホールドを触りまくって、指皮が終了しヒリヒリ・・・」
外岩、ジムでのザラザラフリクションのホールドで指皮が徐々に削られていくやつ。
この2つを避けるために僕が毎日行っているメンテナンスは、

① 裂けた部分などの余っている皮は爪切りなどで切り取る。
② 厚くなっている、凸凹になっている指皮を整える程度にヤスリ掛け。 (やり過ぎは禁物!整える程度で)
③ クライム・オン(天然成分ハンドクリーム、指皮の硬化を防ぎ再生促進にも定評あり)を塗り込む。
④ ビタミン系(ビタミンB2、亜鉛等ミネラルを含むもの)のサプリを摂取。

これを夜、寝る前に毎日行っています。
この習慣を作ってから指皮は比較的良いコンデションを維持し、毎日ストレスなくクライミングを楽しむことが出来ています。
寝る前の5分程度で終了するので、登りこんでいるクライマーの皆さんはぜひ試してみてください。

また、皮が無い、皮を保護したいという時でも登りたいクライマーのお助けアイテムがテーピング。
その中で個人的にイチ押しなのがイボルブのマジックテープというクライマー専用テーピング。
これは接着剤が無く、メッシュ構造のテープ同士が接着するという不思議なテープ。
若干の伸縮性を持ち、指に巻いた際にズレや、剥がれが少ない。しかも、通常のテーピングに比べるとフリクション性能が高い!
値段は少々高めだけれども、クライミング専用に作られているだけあって実際に使ってみると通常のテーピングには戻れ無くなります。
気になる方は試してみてください。
・ハンドクリーム「クライム・オン」 ¥1,290(税込み)
・イボルブ「マジックテープ」 ¥1,290(税込み)