GAMMA WALL BLOG

2017/11/19

ボルダリングのお金(その2)

ボルダリングのお金(その2)

道具はレンタル?購入?

今回は、「道具の費用」、すなわち「レンタル」と「購入」とどう使いわけるのかという説明をします。
インドアでボルダリングをするときに必須となる道具は「クライミングシューズ」と「チョーク」です。
シューズのレンタルの相場は0円~500円、チョークのレンタルの相場は0円~300円です。

まずはMyチョークから

チョークに関しては、比較的早めの「卒業」がおすすめです。
液体チョークであれば、1,000円で20~30回分くらい使えるものが普通に売ってます。
レンタル数回で元が取れるので、お得だと思います。
ガンマウォールではPD9(980円)やSNAPのチョーククリーム(1290円)を販売しています。
液体チョークは、持ち運びが便利なうえ、キャップをしっかり締めておけばバッグや車がチョークの粉で汚れることはありません。

粉チョークを買う場合、チョークバッグと粉チョークが必要になります。
チョークバッグは2,000円~7,000円、チョークは500円~2,000が相場です。手の汗(手汗:てあせ)が出やすい体質の人は、粉チョークで、自分の体質にあったマイ粉チョークを選ぶことが重要です。この場合は、レンタルと比べて元をとる、という発想ではなく、自分の理想のクライミングを追求するのにいくら使うのか、という判断になります。
高品質なチョークを使えば、より難しいホールドや課題に長時間取り組むことができるようになるのです。

5〜4級に挑むならMyシューズ

一方、シューズについては、入門者向けシューズでも1足13,000円程度します。「靴は履ければ良い」という人は、レンタルシューズを履き続けるのがおすすめです。
マイシューズを買うメリットとしては、「レンタルシューズよりもパフォーマンスが上がる」という点です。
レンタルシューズは、ジムでのヘビーな使用に向けて耐久性が最重要視されています。
一方で、販売用のシューズに関しては、ホールドに立ちこみやすい、すべらない、ヒールがかけやすいなど、パフォーマンスを上げるための設計がされています。
そのため、5級~4級を登り始めるタイミングでレンタルシューズを卒業してマイシューズの購入をすることがおすすめです。

まとめ

週1~2回でインドアのクライミングジム通う場合、最初の1年間に道具代ではシューズ代が13,000円~20,000円、チョーク周りで2,000円~10,000円くらいかかります。合計で15,000円~30,000円位です。ゴルフやスキーよりは圧倒的に安いですが、ヨガやジョギングよりはかかるイメージです。