GAMMA WALL BLOG

2018/07/18

シューズレビュー マッドロック/レモラ(Mad Rock/Remora)

シューズレビュー マッドロック/レモラ(Mad Rock/Remora)

緩傾斜に強いフリクションシューズ

靴自体がやわらかく、足入れが超快適なスリップオン・タイプ。
履いていても疲れない初心者にオススメのモデル。
もっとも、ソールはフリクション性能に優れる3.8mmサイエンスフリクション・ラバーを使っていることから、ハリボテで面乗りをするときやスメアではハイパフォーマンスを発揮。
オリンピック強化指定を受けている土肥選手も強傾斜では「シャーク」、緩傾斜では「レモラ」と使い分けている(らしい)。

履いた感想

シューズがやわらかく着脱がしやすいので、ジムの長時間利用に向いている印象。
硬い靴が苦手という初心者が、レンタルシューズを卒業して買うファーストシューズに良さそう。
ソールのフリクションという意味では、ファイブテンのモカシムやチームVxiに近い性能を持っている。ただ、シューズ自体がやわらかく拘束力が弱いので、ピンポイントを狙ってヒールをかけるといったテクニックに正確性が求められる場面には厳しそう。
トゥーはラバーが貼ってあり、悪くない。クライマーの場合、ルートセットやトレーニングの時に持っていると、着脱がしやすく疲れないので便利かも。
デザインは、正直なところ、もうひと頑張りしてほしかったが、マッドロック自体が「デザイン」より「値段対 比のクオリティ」を優先している印象なので多くを求めすぎてはいけないのかもしれない。

まとめ

痛くないフラットシューズという意味では、ファイブテンのローグやモカシム、スポルティバのタランチュラ、スカルパのフォースあたりと履き比べてみるシューズ。
初心者は、足形が合えば、値段対比のクオリティは高く、持っていて間違いのないシューズ
(税別13,000円)。