GAMMA WALL BLOG

2017/12/08

クライミングシューズ・レビュー ソリューション(Solution/ Sportiva)

クライミングシューズ・レビュー ソリューション(Solution/ Sportiva)

脱初心者を可能にするシューズ、Solution/Sportiva

今回は、スポルティバの誇るフラッグシップモデル、ソリューションのレビューを書きます。
ソリューションは、独特な丸いヒールカップと、強烈なダウントゥという見た目から中~上級者向けのイメージが強いシューズです。
自分も買ってから履くまでは、正直使いづらそうという印象で敬遠していました。しかし、実際に使ってみると、どハマりし4足リピート。
リソールも最低1回で、外岩、ジム問わずメインシューズとして使っています。

なぜそこまで溺愛しているか。まずはそのヒール性能。
独特の丸いヒールカップは、ホールドに対し直角に当ててフックすることも、踵の側面から当て、膝を立て捻じ込んでいくのも自由自在です。
カップ自体の剛性も高く、ぐらつきがありません。ヒール多用クライマーの自分としては、このヒールに絶大な信頼を置いています。
また、トゥフックもやり易いです。見た目のダウントゥは強烈ですが、足の指を起こす動作にしっかりシューズが反応してくれます。
「ダウントゥ=トゥフックしづらい」というイメージを覆す性能です。
ルーフ等の強傾斜面での掻き込み、スラブなどの立ち込み性能も高いです。

ここまで褒めまくって書くと、「じゃあ弱点は?」と聞かれそうなので、個人的な印象として弱点を挙げてみます。
・「ボテなどに面で乗るのは苦手」 基本、点乗りで性能を発揮するシューズなので、面で乗るのは苦手です。足裏のフリクション任せで乗ろうとすると、ズバッ!と足が切れます。常に指先で乗る意識を求められます。
・「ヒールの掛け方も点で」 ヒールも同じく、点で掛けて性能を発揮するので油断をすると足が切れます。
ファイブテンの様にヒールカップを潰してフリクションで掛けるヒールではない点に注意が必要です。 すなわち、一定程度以上の「足置き、足使い」をシューズが求めてくるイメージです。
こう書くと扱いにくいシューズの様に感じられそうだが「足置き、足使い」を正確に行う意識を持てば、このシューズの持つ性能を発揮することができます。また、そのような意識を持つことで、クライミングスキルの向上も期待できます。
脱初心者を果たすクライマーにはぜひ履いてみて欲しい靴です。