GAMMA WALL BLOG

2017/07/12

「営業マン」にボルダリングをおすすめする理由

「営業マン」にボルダリングをおすすめする理由

今日は元営業マンのガンマウォール・オーナーが「営業マン」にボルダリングをおすすめする理由を3つまとめてみました。参考にしていただければ幸いです。

(その1)トークネタになります!

「今回は〇〇が入りました!」というお決まりのセールストークでは、お客様の「また、それですか?」とマンネリ感を払拭することが出来ません。それゆえ、仕事と関係なくても、芸能ネタから新しく出来たラーメン屋さんのネタまで、「この人と話していると面白いな」と一歩先回りした情報収集は営業マンには必須です。ボルダリングは、2020年のオリンピックに採用が決まり、最近、知名度が上がってきましたが、実際にはやったことが無い人がまだいるスポーツです。すなわち、「やってみたいけど、やれていない」人が多いので、「最近、ボルダリング始めました!」というトークはネタになる可能性が高いと思います。万が一、お客さんがボルダリング経験者の場合、「何級まで登れますか?」「ジムはどこに通ってますか?」等、話がいい感じで盛り上がれると思います。

(その2)ストレス解消になります!

「営業マン」には、ノルマ、お客様の要求、社内政治等仕事上のストレスを抱えながら乗り越えなければいけないことがたくさん降りかかってきます。もっとも、できる営業マンほど、ストレス無く楽しそうに仕事をしているように見えるのですが、ひょっとするとストレスの解消がうまいのかもしれません。ボルダリングは、登っている瞬間は自分のトライに集中しないと遊べないので仕事の諸々を忘れることができます。また、日常がツライほど、課題を登れたときの達成感もたまらないものです。仕事場と家、その間に全然違う空間を取り入れることで気分転換になります。時間もお金もかからないので、訪問先の間や出張の合間にもこっそり行けてしまいます。

(その3)ダイエットになります!

「営業マン」の第一印象は大事です。ボルダリングは運動として消費カロリーが高いこともダイエットに有効ですが、ほどほどに痩せていた方が有利なスポーツなので、日常生活での暴飲暴食に歯止めがかかるのもいいところです。ちょっとお正月やお盆に油断して、2~3キロ太ると登れていた課題が登れなくなるということもよくあります。痩せることそのものが目的というよりも、ボルダリングで仲間と楽しく登りたい「課題」があるから痩せるというのは、痩せたことへの「ご褒美」があるので、モチベーションとして維持しやすいのではないかと思います。